Column コラム

設置後インタビュー|株式会社鈴木商店様(ネジ専門商社・製造)|静岡県浜松市

設置後インタビュー 更新日: 2023.09.02

鈴木商店社長様ポートフォリオ

「本当の意味のSDGs」
雨水を活用しながら、再生可能エネルギーも活用しながら
開発行為すべてを自然の循環で実現したい


自動車部品用ネジの販売を手掛ける株式会社鈴木商店様。締結部品の性能品質評価や次世代表面処理の開発、精密部品の全自動全数検査など次世代のものづくりにも力を入れられており、この度その拠点である静岡県浜松市の「浜松DX創庫」に自家消費型太陽光発電システムおよび蓄電池を導入いただきました。
SDGsや地球環境と調和した循環型事業実現への思いや、太陽光発電導入に至った経緯と期待についてうかがいました。

 

事業紹介

当社は昭和45年に創業した、自動車ミラー部品の販売を主軸に置く専門商社です。お取引様は自動車関連の企業様が大半を占め、土木・建築関連企業様、その他業種様と続きます。創業からは半世紀以上の実績がある中で、令和に入り「人とモノを締結技術でつなげ、次世代の発展に貢献する」という新しいビジョンを掲げました。締結コンサルタントとコーティングソリューションで地球を大事に世界を大事に、という壮大なミッションも掲げています。

基本的には商社ですが、ネジのコーティングを自社で行っていて、開発にも力を入れています。表面処理の特許が3つ、自動測定器の特許が1つ、そして今年も2つ申請済みで、来年も1つ申請する予定です。コロナ禍の影響もあった中で、一般的な商社の枠に収まらない独自技術の開発で差別化を図っていきたいと考えています。

鈴木商店主力製品シリーズ(鈴木商店様提供)主力製品LonGoodシリーズ

検討のきっかけはSDGsと地球環境への思い

商社でありながらメーカー的な役割を持っている当社が、地球を大事にというミッションを掲げている背景にはSDGsがあります。企業活動を続けていく中で、地球環境は決して無視することはできません。開発には水が必要不可欠ですので、常日頃から環境への配慮と現代の企業に求められている存在意義を追求しています。これからはSDGsに適合した企業活動を展開し、存在する価値ある会社のみが生き残っていくはずです。企業の命題です。

そのための当社の新しい取り組みが、雨水活用プロジェクトと再生可能エネルギーである太陽光発電です。

鈴木商店浜松DX創庫外観(鈴木商店様提供)浜松DX創庫 外観
鈴木商店様浜松DX創庫内観(鈴木商店様提供)浜松DX創庫 内観

太陽光発電は自社事業との親和性が高い地球の循環

開発には水が必要不可欠と触れましたが、開発時に使用する水を市水ではなく雨水を活用するプロジェクトを進めています。雨水のままだと当然開発には使えませんので、純水にろ過するシステムを独自に開発して、雨水を開発に使用できるレベルにまでろ過しています。将来的には自社での活用だけでなく、事業としての展開も検討していて、飲めるレベルの純水を目指しています。

鈴木弘朗社長鈴木弘朗 社長

このろ過システムで使用する電力を太陽光発電で賄いたいというのが検討初期段階の発想で、すべての開発行為を再生可能エネルギーで行いたいというのが究極の理想ですね。太陽光も使いながら、雨水も活用しながら、自然に存在する循環、すなわち本当の意味のSDGsに取り組んでいきたいと考えています。

災害時を想定し蓄電池も導入

太陽光発電の電気を、平常時から使用できるようになることはもちろんですが、災害時にも事業が継続できるように機械類を稼働させられる仕組みを作りたいと思っています。その策として、蓄電池が最適だと思って導入しました。

今回導入した蓄電池は100V対応で200Vの機械は動かせられませんが、最低限の電力の確保であったり、雨水のろ過システムであったりには活用できます。電気が使えるということは安全の担保に繋がりますし、ろ過ができれば水も確保できます。

太陽光パネル写真|鈴木商店様自家消費型太陽光発電導入太陽光パネル
蓄電池写真|鈴木商店様自家消費型太陽光発電導入蓄電池

導入に際して不安・気になった点

導入に関しては担当者の方がしっかり対応してくださって、常に安心して進めることができました。納期が少しかかってはしまいましたが、その辺りも適宜連絡くださって、最後までお付き合いいただきました。最初から契約後も誠実に対応してくれました。本当に感謝しています。

複数案の提示が嬉しかった

色々と複数のご提案をいただいたのが素晴らしいと思いました。太陽光パネルも1つのメーカーではなく複数のメーカーで、モニターも複数提案してくださって、何が一番良いのかということを考えて、ベストな組み合わせでご提案いただいたと思っています。一社推しの会社も多いと思いますが、その点フレキシブルにやられていて嬉しかったです。

今後の展開について

モニターを見やすい位置に設置して、社員の意識改革はもちろん、お客様に対しても発信していきたいです。CO₂削減についても数字を具現化できると思うので、環境への活動をさらに推し進めていければと思っています。

鈴木商店様打ち合わせ風景

概算見積もりフォーム

令和6年太陽光発電補助金・税制優遇セミナー