【ニュースリリース】介護福祉施設の2号基太陽光発電所を竣工

お知らせ 更新日: 2023.04.21


70%程度の電気代削減
およびBCP強化、SDGs推進を増進します

完全自家消費型の太陽光発電システムで、介護福祉施設の持続可能な経営に貢献します


スマートブルー株式会社
社会福祉法人天心会

太陽光発電等を通じたエネルギーマネジメントおよび脱炭素経営をトータルでサポートするスマートブルー株式会社(本社:静岡県静岡市葵区、以下当社)は、社会福祉法人天心会(本社:静岡県静岡市葵区、以下天心会)が運営する竜爪園デイサービスセンターラシーナに、2023年2月に同法人2号基目となる完全自家消費型の太陽光発電設備を竣工したことをご報告いたします。

導入の経緯

天心会にとって完全自家消費型太陽光発電設備の導入は、2022年10月の特別養護老人ホームへの導入に続いて2基目です。

背景には、収束の兆しが見えない電気代高騰によるコストの増大があり、太陽光発電による電気代削減効果を期待しています。また天心会が以前から取り組んでいるBCPおよびSDGsへの取り組みの強化が挙げられ、1基目の老人ホームに加えて、当該デイサービスセンターへも導入を拡大することで、法人全体での効果増大を目指します。

天心会は今月で開園30周年の節目を迎えます。
理念である誠心誠意の真心がこもった安心安全なサービスの提供を今後も続けていくために、コスト削減、BCP整備、SDGs推進で持続可能な経営を実現します。

自家消費型太陽光発電について

昨今の電気代高騰や脱炭素経営の潮流で、発電した電気を自社で消費する自家消費型太陽光発電が注目されています。太陽光発電由来の電気は、電力会社から購入する電気よりも安く調達でき、電気代を削減できるほか、CO₂フリーの電力でもあるため、自家消費した発電量分だけ脱炭素を達成可能です。

停電下でも電気が使えることから、BCPの整備にも貢献します。介護施設では2024年からBCPの策定が義務化されることもあり、有用性が注目されています。蓄電池と併せて導入することで、太陽光発電が発電しない雨天や夜間での電気の使用も可能となり、より効果的な運用を実現します。

事業概要

施工販売業者 スマートブルー株式会社
事業者 株式会社UPDATER
想定発電量 24,224 kWh/年
想定CO₂削減量 9,387 kg-CO₂
事業開始年月 2023年2月

導入物件

社会福祉法人天心会竜爪園デイサービスセンターラシーナ
静岡県静岡市葵区瀬名6-8-5

介護福祉施設デイサービスセンターに自家消費型太陽光発電を導入物件外観

介護福祉施設デイサービスセンターに自家消費型太陽光発電を導入看板

介護福祉施設デイサービスセンターに自家消費型太陽光発電を導入設置パネル

各社概要

スマートブルー株式会社

本社所在地:静岡県静岡市葵区千代2-17-23
設   立:2010年3月
代 表 者:塩原 太一郎
コーポレートサイト:https://smartblue.co.jp/
サービスサイト:https://enemanex.jp/

産業用太陽光発電、ソーラーシェアリング、野立て太陽光発電といった再生可能エネルギー事業に加え、自社農場における太陽光発電と両立した農作物の栽培・販売を行うアグリビジネス事業によって、個人様、企業様そして地域の持続可能性の向上に寄与している。
近年は、昨今のカーボンニュートラル、脱炭素の潮流を受け、これまでのソリューションに自家消費型太陽光発電や地域新電力、エネルギーマネジメント、蓄電池、PPA、自己託送、環境価値取引などを加え、複雑かつ多様化するニーズにお応えできるサービスを展開。

提供可能サービス:自家消費型太陽光発電、野立て太陽光発電、産業用太陽光発電、ソーラーシェアリング、ソーラーカーポート、産業用・家庭用蓄電池、PPA、自己託送、環境価値証書取引、V2H、新電力、EV

社会福祉法人天心会

本社所在地:静岡県静岡市葵区長尾89-1
設⽴許可日:1992年12⽉
理 事 長:中野 菊乃
コーポレートサイト:http://www.love.or.jp

静岡県静岡市を中心に高齢者および障がい者向けに入居型・デイサービス・居宅型の介護福祉サービスを展開する。

サプライチェーンの脱炭素最前線・再エネ調達セミナー