2020年10月に当時の菅首相は、2050年までに温室効果ガスの実質排出量ゼロを目指すカーボンニュートラル宣言をしました。宣言以降、企業においても脱炭素への動きが急速に進んでいます。企業が脱炭素経営に取り組む理由は様々ですが、脱炭素が昨今のビジネスと密接に連携していることは見逃せません。
本資料では、現代ビジネスの時流「脱炭素経営」について、企業が脱炭素化を進めるための経営手法をご紹介します。

 

このような方におすすめ

  •  脱炭素経営をご検討されている方
  •  脱炭素経営を検討しているが具体的な方法を模索している方
  •  脱炭素経営のロードマップの策定を検討している方

この資料を読むメリット

  •  脱炭素が推進されている背景・ビジネスにおける潮流がわかる
  •  企業が脱炭素化を進めるためにおすすめな商材の情報を得られる
  •  脱炭素経営のロードマップの策定に役立つ

 

目次

  • ・『脱炭素経営』が推進されている背景
  • ・『脱炭素経営』の拡がり
  • ・『脱炭素経営』で企業が実践するべきこと
  • ・『脱炭素経営』を実践する方法1
  • ・『脱炭素経営』を実践する方法2
  • ・『脱炭素経営』を実践する方法3
  • ・脱炭素化へのロードマップ

資料請求をする